マーケット情報と経済指標は車のライトと同じ

経済指標や金利等の経済情報をファンダメンタルズと呼びます。

多くのトレーダーがチャートのテクニカル分析だけではなく、経済指標等を参考にして取引をしています。経済指標次第で相場は大きく変動します。

マーケット情報を知らずにトレードすることは、暗闇でライトをつけずに車を運転することと同じです。
ファンダメンダルズは明るく前を照らして、障害物や危険から身を守る目安となるでしょう。

●まずは直近の経済指標をチェック
「直近の経済指標」

経済指標だけでも儲けられる?

経済指標発表時は相場が大きく変動します。

相場の方向性が上昇か下落かはっきりと出やすく、大きな損失を出してしまう危険性もあり経済指標発表時は取引をしないと言う方も多いです。

また逆にチャンスととらえて、経済指標の発表時だけトレードをすると言う方もいます。それぐらい経済指標が市場に与える影響は大きいのです。

経済情報は相場変動のきっかけを知るツール

経済指標やマーケット情報に絶対はありません!

いつもと違う動きをする(ダマシ)があります。

様々な思惑や要因が絡んでマーケットは動きます。経済指標やマーケット情報は相場が変動するきっかけや節目を知る道具ぐらいに考えておくのがいいでしょう。

自分の予想と違う動きをした時はポジションを閉じてすばやく損切りをしましょう。

様々な情報で投資判断の精度を上げる

テクニカル分析、ファンダメンダルズ両方とも絶対はありません。ただし、様々な情報を知ることにより投資の判断がしやすくなります。

様々な情報を分析して投資判断の精度を上げれば、あなたのFXでの選択はgood(普通)→better(良い)→best(最高)に自然となっていくでしょう!

重要指標一覧

★雇用統計
重要度
5
毎月第一金曜日発表

経済指標の王様!「雇用統計」。発表時の為替市場はお祭り騒ぎ!
特に注目すべきは「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。予想数字と実数字との差が為替相場に大きな変動をもたらします。
発表後一瞬で1円=100pips動くことも珍しくない、経済指標の中でも特に注意すべき指標です。

★FOMC
重要度
5
年8回開催(臨時開催あり)

アメリカの金融政策を決定する会議で、政策金利の上下に関しての方針や現在の景状判断が発表される
その結果が市場の予想と違った場合、
為替レートが大きく変動することがある

★日銀金融政策決定会合
重要度
5
年8回 2日間

日銀の最高意思決定機関である政策委員会の会合のうち、金融政策の運営に関する事項を審議決定する
政策金利の発表、FTFの買い入れで量的・質的緩和があり注目されている
発表時間が定まっていないので、発表までに値動きが激しくなることも

★欧州中央銀行(ECB)政策金利発表
重要度
5
毎月第1木曜日

欧州中央銀行(ECB)の最高意思決定機関
ユーロ圏の金融政策を決定し、執行する
金利政策の発表は為替に与える影響が大きいため、FXトレーダーに注目される
変動幅が大きい場合もあるが、金利が据え置きで特に大きな発表がなければ全く反応しないことも

★ADP雇用統計
重要度
4
雇用統計の2日前に発表

雇用統計の先行指標とも言われる指標
民間大手給与計算会社ADP社による4000万人の給与データを元に算出。政府機関の雇用が含まれていないが、本家の雇用統計と同じぐらい注目度も市場影響度も高い。

★GDP
重要度
4
毎月下旬発表

景気動向の総合的判断に使われる指標
四半期ごとの発表だが「速報値→改定値→確定値」と3回発表される為、毎月発表される。特に「4月・7月・10月・1月」に出る速報値がインパクトが大きい!注目度も市場影響度も非常に大きい。

★消費者物価指数(CPI)
重要度
4
毎月中旬発表

インフレ系の最重要指数
金利と深い関係があるため常に高い注目度。小売・サービス価格を調査し、物価の水準を測定したもの。食料品とエネルギーを除いた「コア指数」が特に重要視される。

★中古住宅販売件数
重要度
4
毎月下旬発表

景気動向の重要指数
景気と関連深く、先行性が高い指数。中古住宅で所有権移転が完了したもの。季節や天候の影響を受けやすく、予想と違った結果が出やすい。金融政策変更時には特に重要視される。

★中古住宅販売保留
重要度
4
毎月10日発表

景気動向の重要指数
景気と関連深く、先行性が高い指数。中古住宅で契約は成立しているが所有権移転が完了していないもの。「中古販売件数」と同じくらい市場への影響力がある。予想と大きく違った結果が出やすい。

★ISM製造業景況指数
重要度
4
毎月第一営業日発表

景気動向の重要指数
各企業の購買担当役員へのアンケート結果。「生産・新規受注・在庫・入荷遅延・雇用」などを前月と比較して「良い・同じ・悪い」の三段階で評価。注目度は高く、市場への影響力がある。

★耐久財受注
重要度
4
毎月下旬発表

機械設備投資の先行指標
変動幅が大きいことでも有名で、注意が必要な指標。「新規受注・出荷・在庫・受注残高」から構成される。市場への影響度は月ごとにかなりムラがある指標。

★小売売上高
重要度
4
毎月中旬発表

景気回復の先行指標
個人消費の動向がわかり注目度は非常に高い。耐久財と非耐久財にわけて発表され、自動車部門を除いた部分が重要視される。注目度も市場影響度も非常に大きい。

★生産者物価指数(PPI)
重要度
3
毎月中旬発表

インフレ系の重要指数
生産者が出荷した完成品や原材料などの価格変動を表す経済指標。この指数が上昇すると、消費者が購入する物価も上がり、インフレに傾くため通貨が買われやすくなる。逆に下落すると通貨が売られる傾向にある。

★住宅着工件数
重要度
3
毎月中旬発表

景気動向の重要指数
実際に建築が開始された新築住宅の件数(公共住宅を除く)。家具や家電製品などの個人消費に与える影響が大きい。景気動向と深い関係が有り、金融政策にも大きな影響を与える。天候に左右されやすく、月ごとの変動幅が大きいので注意が必要。

★建築許可件数
重要度
3
毎月中旬発表

景気動向の重要指数
住宅建築前に申請が必要な地域における建築許可件数。住宅着工件数と同時に発表され先行指標にもなる。相場にある程度の影響力を持っているが、結果の良し悪しよりも、相場が動くきっかけとして扱われることが多い。

★新築住宅販売件数
重要度
3
毎月下旬発表

景気動向の重要指数
販売された新築住宅の件数。景気動向と関係が深く、先行指標としても重要。家具や家電製品などの個人消費に与える影響が大きい。金融政策変更時には特に重要視される。

★鉱工業生産
重要度
3
毎月中旬発表

景気全般の動きを見る指数
製造業部門の生産性がわかり、GDPとの関連が深い点に注目が集まる。景気全般の動向を知る為に重要と言われるが、相場への影響力は中程度。

★貿易収支
重要度
3
毎月10日頃発表

経常収支の悪化度がわかる指数
政府と民間の輸出額から輸入を引いたもの。長年続く貿易収支の赤字はアメリカの大きな問題になっている。市場への影響力にはムラがある。

★景気先行指数
重要度
3
毎月20日頃発表

景気後退の予測指数
既に発表された10個の指標を合成してインディックス化したもの。景気後退の予測ツールとして重要。一般的に3ヶ月連続の低下は景気の後退期と認識されている。市場影響度はムラがある指標。

直近の経済指標

【 2018/2/9 ~ 2018/2/16までの経済指標

日付 時刻 経済指標 重要度
2/9
(金)
22:30 カナダ (加) 1月 新規雇用者数 2
22:30 カナダ (加) 1月 失業率 2
2/
14
(水)
8:50 日本 (日) 10-12月期 四半期実質国内総生産
(GDP、速報値) [前期比]
2
8:50 日本 (日) 10-12月期 四半期実質国内総生産
(GDP、速報値) [年率換算]
2
16:00 ドイツ (独) 10-12月期 国内総生産
(GDP、速報値)
[前期比]
2
16:00 ドイツ (独) 10-12月期 国内総生産
(GDP、速報値)
[前年同期比]
2
19:00 ユーロ (欧) 10-12月期 四半期域内総生産
(GDP、改定値) [前期比]
2
19:00 ユーロ (欧) 10-12月期 四半期域内総生産
(GDP、改定値) [前年同期比]
2
22:30 アメリカ (米) 1月 消費者物価指数(CPI)
[前月比]
2
22:30 アメリカ (米) 1月 消費者物価指数
(CPIコア指数) [前月比]
2
22:30 アメリカ (米) 1月 消費者物価指数(CPI)
[前年同月比]
2
22:30 アメリカ (米) 1月 小売売上高
[前月比]
2
22:30 アメリカ (米) 1月 小売売上高
(除自動車)
[前月比]
2
2/
21
(水)
28:00 アメリカ (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)
議事要旨
2
2/
22
(木)
18:30 イギリス (英) 10-12月期 四半期国内総生産
(GDP、改定値) [前期比]
2
18:30 イギリス (英) 10-12月期 四半期国内総生産
(GDP、改定値) [前年同期比]
2
2/
23
(金)
16:00 ドイツ (独) 10-12月期 国内総生産
(GDP、改定値)
[前期比]
2
16:00 ドイツ (独) 10-12月期 国内総生産
(GDP、改定値)
[前年同期比]
2
19:00 ユーロ (欧) 1月 消費者物価指数
(HICP、改定値)
[前年同月比]
2

FXコラム

初めてでも安心!FX会社特集

外為オンライン
50万口座突破!初心者に優しい人気FX会社

ここがポイント
キャッシュバックキャンペーン中!
iサイクル注文で初心者でも安心して始められる
スプレッド
(米ドル/円)
1.0銭
スワップ20円
キャッシュバック5,000円
公式サイト
外為オンラインへ登録

外為オンラインは多くのユーザーに支持され、50万口座を突破しました。

特に「iサイクル注文」は簡単な設定で、システムが自動で取引条件を計算。
24時間貴方に代わって賢くトレードしてくれる
ので、初心者の方や
忙しい方でも安心して始められます。なんと、無料練習も可能!

またminiコースなら資金が通常の10分の1で始められるので、
少額でまずは試してみたいと言う方にもオススメです。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら現金5,000円キャッシュバックキャンペーン中です!

公式サイトへ>
詳細ページへ>

DMM FX
CMでお馴染みの大手企業で初めてでも安心

ここがポイント
お得なキャッシュバック特典&ポイントキャンペーン
LINEでお手軽にお問い合わせが可能
スプレッド0.3銭
原則固定
(例外あり)
スワップ37円
キャッシュバック20,000円
公式サイト
DMMFXへ登録

DMM FXは、FX専門のトレーダー以外でも一度は見聞きしたことがあるだろうと言われる、DMM.com証券運営の大手FX会社です。

シンプルで使いやすい取引ツールを提供しているほか、
実際の環境と同じ状況で無料お試しが出来るデモトレードも完備。

FXが初めての方もお試し感覚で練習してから、本番に臨むことが出来ます。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

更に、ポイントが現金に還元できるお得なキャンペーンも実施中です!

公式サイトへ>
詳細ページへ>

FXブロードネット
トラッキングトレードならチャンスを逃さず取引

ここがポイント
自動で賢く取引するトラッキングトレード搭載
無料セミナーに少額取引と初心者に優しい
スプレッド
(米ドル/円)
0.3銭
原則固定
スワップ34円
キャッシュバック20,000円
(最大)
公式サイト
FXブロードネットへ登録

賢くプログラムが相場の状況を常に把握し、24時間自動で
取引してくれるシステムがトラッキングトレードです。

FXで判断に迷う売買のタイミングをプログラムに任せられるので、
特に初めてFXをする人に優しいFX会社です。

また、少額取引OK無料セミナーの開催などFX初心者のサポート体制も充実しており、これからFXを始めようと言う方に特に向いています。

今なら20,000円 (最大)キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

みんなのFX | トレイダーズ証券
モバイル機能充実でスマホ取引に最適

ここがポイント
スマホツールの充実でPCが無くても大丈夫
人気講師によるオンラインセミナーが評判
スプレッド
(米ドル/円)
0.3銭
スワップ30円
キャッシュバック50,000円
(最大)
公式サイト
みんなのFXへ登録

1000通貨対応や人気講師を招いたオンラインセミナー、
営業日24時間サポート
など初心者に優しいFX会社として
注目されているのがみんなのFXです。

また有名為替情報配信社と提携し、市況情報や経済指標情報の配信など
FXプロトレーダーも納得の取引サポート体制です。

またスプレッドが業界最狭水準で余計なコストがかかりません。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

YJFX! (ヤフーグループ)
少額から充実のツールで取引出来る

ここがポイント
充実ツールでスマホでも取引しやすい
1000通貨からと少額から始められる!
スプレッド
(米ドル/円)
0.3銭
原則固定
スワップ44円
キャッシュバック27,000円
(最大)
公式サイト
YJFX!へ登録

大手IT会社ヤフーグループだからこそ出来るサービスが満載!
1000通貨と通常の1/10の資金からできるので「ちょっと試したい」
「やってみたいけど不安」という人も安心して始められます。

また特有のお得なキャンペーンも開催中。
いつもと同じ取引でTポイントが貯まっていくのはYJFX!だけです。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

キャッシュバックが27,000円 (最大)の今はお得なチャンスです。

公式サイトへ>
詳細ページへ>
このエントリーをはてなブックマークに追加